軽自動車の査定【仙台版】

仙台で軽自動車の査定を依頼するなら…

仙台に限らずですけど、愛車の軽自動車を乗り換える場合だったり、手放さなくてはならなくなった場合、出来ることなら、相場より1万でも2万でも高く売りたいですよね。
とは言ってみても、実際にこれだけ買取業者がたくさんありすぎると、いったいどこで売ったら一番高く買取してくれるのか分かりません…

 

で、仙台で売りたい軽自動車を一番高く買取してもらうために、そのお店がどこなのかを調べる方法は、結局のところひとつしかありません。

 

いちばん高く買ってくれるところを調べる方法というよりは、いちばん高い査定額を引き出す方法ということになるんですけど、それは、軽自動車の買取店同士に、買取価格を競争してもらうという方法です。
この方法が仙台で軽自動車の高価買取をゲットするための唯一の方法ということになります。

 

でもですね、実際に仙台市内にある買取専門店を一社づつ回っていたら、考えただけでも、とってもハードで大変そうですよね。
そこでオススメしたいのが、インターネットから申し込みができる、軽自動車の一括査定サービスです。

 

大手買取店への査定はネットの一括査定サービスを利用する

必要事項をインターネットから登録するだけで、複数の買取業者から売りたい車の概算査定額が返ってくるというシステムです。
概算査定額なので、とりあえず登録してもらった車の車種などで、「うちならこれくらいで買取しますよ」という、ざっくりした金額ではあるんですけど、この一括査定サービスから査定依頼が届いたというのは、その買取店に伝わっているので、どのお店も、他よりも少しでも高く買取するために、ある程度頑張った金額が返ってきます。
他のお店よりも少しでも高く買取しますというのは、パッと見、お客さんである売り手側にとってのメリットを謳っているように見せていますけど、これ、ただ単に買い手、ようするに買取業者の都合でしかありません。
だって、買取業者は、車を売りたいという人から車を買い取って、その買い取った金額に、プラスαを上乗せして、再販するからこそ利益が出るわけです。

 

買い取った車は、オートオークションと呼ばれる専門店だけのオークションにかけて販売されたり、または業者によっては海外へ輸出して利益を上げています。
つまり、その利益を上げる商品を、買取同業者の他社にばっかり買取されてしまっていたら、自社で売る軽が無くなってしまうので、自社で買取したいがために、商品を仕入れたいがために「他よりも高く買います」と言っているわけですね。

 

なので、買取価格というのは、実は複数の買取業者に競争してもらうことで、価格を引き上げることが可能になります。
「他社から〇〇万の査定を貰ってますが、それより高く査定してもらうことはできますか?」

 

と交渉をしていくことで、各買取業者の限界値まで引き上げることができるんです。

 

限界値とは、仮にオートオークションで落札されている相場価格が70万の車種があったとして、買取業者は、その車種を70万で買うことは九割九分ありません。
さっきも書いた通り、買取業者は買い取った車にプラスα上乗せして売れた時の差額で利益を上げているので、70万で買い取って70万で落札される可能性がある車、ようするに手間だけ掛けて1円にもならない車を買取りすることはできません。

 

買取り業者は、はじめから査定限界値を言ったりしません。

70万が落札相場なら、だいたいその8割前後である、56万くらいが買取限界値という計算になります。
ざっとこの通りに進めば、14万の利益になるということですね。
実際は、14万が丸々利益になるわけではなくて、当然、そこには人件費をはじめ、もろもろの経費が含まれているので、本当の営業利益自体は、もっと少なくなりますけど…

 

落札価格がもっと高い130万とかで落札されるような車であれば、何も落札相場の8割でなくても、例えば9割の117万で買取できれば、オークションにかけて、その通り130万で落札されれば、13万の粗利になるので、そこが買取りする際に限界値になる場合もあります。

 

なので、売り手としては、車を売る際に、この限界値まで価格を引き上げて売ることが出来れば、その車の高価買取をゲットしたと初めて言えることになるのですが、では、買取り現場ではどんなやりとりがされているのかというと、さっきの落札相場70万の車種があったとして、本当の買取限界値は56万だったと仮定すると、買取り業者というのは、まずもって頭っから「うちは56万が限界ですね〜」とは残念ながら言いません。
そりゃそうですよね、だって業者にしてみたら、安く買えたら買えた分、利益になるわけですから…

 

なので、業者にしてみたら、そりゃ「出来るだけ安く買い取るにはどうしたものか」という考えがベースにあるので、大抵「うちは40万が限界ですね〜」と
探りを入れてきます。
一括査定サービスから依頼が入ったので、他社との競争だ、と分かっていても、業者が、はじめの査定額からMAX価格を提示することはまずありません…

 

裏を返せば、最低でも1回は「それ以上、高くはならないんですか?」と交渉しない方が損だということです。
なので、まずはじめに、はじめの査定額が出た時点で、「それ以上は難しいですか?」と交渉して、プラスαの穴埋めを少しでも進めておきましょう。

 

複数の業者といっても、だいたい仙台市内の5社程度もあれば十分ですが、その穴埋めした金額が出揃った時点で、いよいよ競争のスタートラインに立つことができます…

 

この穴埋め作業をしていないと、買取価格が限界値ギリギリまで上がりませんので、そこを大切なポイントとして、まず初めに「それよりも高くはなりませんか?」と投げかけてみてくださいね。

 

この時、多くの買取業者は、他はいくらでしたか?と探りを入れてくるはずです。

 

ですが、ここではまだ他社の金額は出さないでください。
出しても、特段問題がある訳ではありませんが、仙台にある他社と競合させて、MAX査定額まで引き上げる交渉はこのあとの我々売り手側のウェポン(武器)になりますので、ここでは、「ローンがまだ残ってて、少しでもその穴埋めにしたいので、もうちょっと高くは難しいですかね…」程度に聞いておくのがいいでしょう。
そして、だいたい2回目の少し穴埋めが完了した査定額が出揃ったところで、いよいよ買取価格競争を勃発させるべく、いざ出航となります!
出航と言っても、別に大した長い旅という訳でもなく…

 

買取り査定額を最大限引き上げる方法は、他社の金額を比較して見せるだけ

ただ単に、現状の査定額のいちばん低い業者から、現状の最高額を出している金額を比較して、交渉していくだけ、ただそれだけです。

 

仮に、上位5社が、

 

50万
48万
45万
43万
42万

 

という査定額だった場合、このなかでいちばん低かった業者へ、「他社より50万の査定を貰っていますので…」と探り&交渉をしてみましょう。

 

ここで、「ではぜひ当社で52万で買取させてください!」となれば、それだけ伸びしろがあったということですね。
この時点で、すでに買取額が当初の最高査定額より2万も上がったということになります。

 

続いて、当初4位だった、43万という事業所へ、今度は暫定最高額の52万を打診してみます。

 

ここで、もし52万は難しいという回答になれば、ここでこの業者は脱落してしまったということになります。

 

この繰り返しで、脱落組が消えて行って、最終的に残った買取業者&買取査定額が、その車のマックス買取額ということなります。

 

これで、本来の相場よりも、2万でも3万でも高く車を売ることが出来たということです。
どこまで引き上げるかは、売り手側の判断によりますが、この方法以外、マックス買取額をゲットする方法はありませんので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
何も仙台市内での高額買取を実現するだけの方法ではなく、どこで軽自動車を査定してもらうにしても、この方法でしか最高額をゲットする方法はありません。
車買取仙台で探すなら、高価買取につなげるために複数の事業所から査定を貰って、もっとも高く買取してくれる上位3〜5社に再交渉する、この方法がその時点でのベスト買取価格を得る唯一の方法になります。